相模原にて原状回復工事と特殊清掃 « 特殊清掃ロード(神奈川・東京・埼玉・山梨・千葉・大阪)

一滴の血液から一番酷い状態まで徹底洗浄

作業終了後は何も無かったように普通に生活ができる特殊清掃をしております

相模原にて原状回復工事と特殊清掃

相模原にて原状回復工事と特殊清掃

今回は不動産管理会社様からのご依頼を頂きました。

管理会社様がお困りで弊社に連絡がありました。
他社様で遺品整理と特殊清掃を行ったが腐敗臭が残り近隣からのクレームが止まらないのとこのままでは原状回復工事が行えないので一度見てほしいとの連絡がありました。
かなりお困りの様子でしたので急いで現地調査の為お伺いしましたが、他社様が行った後なので特殊清掃の場所が分からなくなってしまっていました。
確かにクッションフロアの上はきれいになってはいましたが腐敗臭は部屋中に残っていました。

このままではどうにもならない為、弊社の提案と致しましては、住人の入れ替わりでクロスやクッションフロアはどうせ張替えを行うのでとりあえず弊社に剥がさせてください。その時に汚染箇所や汚染範囲を確認できると思うので、と伝えました。そこでクッションフロアを剥がしてみるとなんとクッションフロアが二重に張ってありその間に体液や血液が大量に残っいました。管理会社様にその旨を伝え全面きれいに剥がさせて頂きました。

IMG_2387[1]

全面剥がしてみると巾木の間や二重のクッションフロアの下まで体液が残っており、これでは腐敗臭の除去はできません。再度弊社で特殊清掃から行いました。
綺麗に体液や血液を除去してから消臭のコーティングと消臭剤散布とオゾンできれいに除去させて頂きました。数日間放置して完全に匂いが除去できているか確認してから弊社で原状回復工事まで行う予定です。

今回は前業者がどのような施工と説明を行ったかは分かりません。ですが孤独死のあったお部屋をそのまま賃貸に出す事は考えられません。弊社では汚染個所が残った場合、腐敗臭も残る説明を必ずさせて頂きます。
再度賃貸に出すのならばクッションフロアの下などは必ず確認したい場所なので弊社で剥がさせて頂くように説明します。せっかくなら腐敗臭を除去したほうがいいですよね。

私たち特殊清掃会社はウジやハエの除去・腐敗臭の除去・体液や血液の除去が行えて初めて一人前だと思っています。
弊社では完全消臭の施工後に万が一腐敗臭が残ってしまっていても最後までお付き合いさせて頂きます。

弊社では、お見積もり後すぐ作業できるように、作業道具を車に詰め込んで現場にお伺いします。
そのため、遺品整理ほどの荷物の撤去がある場合を除き、ほとんど特殊清掃は行えます。
深夜だから音が心配・・・などもきちんと配慮し、オゾンを設置して、ある程度脱臭しておく等の処置を致します。

  • オゾン機

    高性能なオゾン脱臭器。
    連続使用が可能なため夜なども作動させておくことができます。

  • 複合二酸化塩素

    様々な現場の状況に合わせた薬品を使い分けており、濃度の高い二酸化塩素を中心に活用しております。

  • 手動噴霧器

    電気が通じない部屋では手動噴霧器を使用します。

  • フォグマスター

    ほとんど目に見えない超微粒子で、消臭除菌液を空間噴霧可能となります。

他にも、布団圧縮袋・マスク・防護服・キーボックス・防水材・FRP(繊維強化プラスチック)等も持って行きます。

突然のことで急いで連絡して「状況を教えて」と言われてもショックでなかなか部屋に入ることができないと思います。そのため、現場の状況確認ができなくてもスタッフが現場まで伺い、状況を把握した上で明瞭なお見積りをさせていただきますので、無理をしてお部屋の確認に行かなくても大丈夫です。
どんな状況でも対応させて頂きますので、私達にお任せください。

突然の死を目の当たりにして、どうしていいかわからない状態も非常に辛いことです。
私達、特殊清掃員がご遺族様になり代わって現場の原状回復をすることで少しでも
ご遺族様の負担を軽くしてあげたいと思っております。
過去1,000件以上の業務で得た技能と経験値をもとに、ご遺族の方々が安心して
任せることができるという信頼を得るために、最大限の努力と精進をしております。

メールはこちらから
ページTOPへ