7月, 2014 | 超高齢化社会と孤独死問題ブログ

首都圏を中心に無縁社会と希薄化が進んでいる

アーカイブ:2014年 7月

福祉国家と日本の現状

老老介護

福祉社会と老人問題 日本で「福祉」という言葉が重要な政治的課題として語られるようになったのは、今から40年ほど前の1970年代後半以降です。戦後、日本中が猛スピードで経済の発展に邁進したことにより、世界でも類例があまりない短期間での高度成…

詳細を見る

高齢者による自死問題

senior man on a cliff ledge

「自殺」と「自死」 高齢化社会の到来と同時に社会問題化しているのが高齢者による自死の増加です。自分で自分の死を選ぶという行為は、一般に「自殺」と呼ばれ、これは「自分で自分を殺す」という意味になります。 旧来の考え方では「自殺は意志…

詳細を見る

高齢化による人口減少と日本文化

いろいろな年齢の人物

「逆ピラミッド構造」の人口比で起きる問題 少子化問題や高齢化社会の到来が大きな社会問題となってきています。少子高齢化が進むことで、日本の人口構成グラフが「逆ピラミッド構造」の社会となり、今後近い将来にさまざまなマイナス現象が起きることが懸…

詳細を見る

独居老人に関する諸問題

車椅子に乗った高齢の女性

増加する独居老人 現代日本の「少子・高齢化社会」を象徴する現象として「独居老人」すなわち「ひとり暮らしのお年寄り」に関する問題がクローズアップされるようになってきています。 なんらかの理由によって単身で暮らす高齢者は昔からある一定の数は…

詳細を見る

超高齢化社会にどう対応すべきか

杖に手を添えあう老夫婦の手元

4人に1人が高齢者という時代 一般に、国の総人口のうち65歳以上の高齢者が占める割合が14~20%以内であれば「高齢化社会」と呼ばれ、20%を超えると「超高齢化社会」とされています。 日本では、少子化が進んだこともあって1995年頃から…

詳細を見る

孤独死」と「孤立死」を死語にするために

Sample04

世相を反映した言葉 世相を反映した流行語や新語が、生まれては数年もたたずに消えていくのは世の常です。多くの流行語や新語の大半は時代の波と歴史の中に埋もれていきます。ある言葉は過去を振り返る際に「懐かしい響き」として人々の記憶を甦らせ、…

詳細を見る

無縁社会の深い闇

2014.07.20

2件

Sample02

社会生活と他人との関わり 「人間にとって最大の不幸は話し相手がいないこと」という言葉があります。いうまでもなく、われわれ人間は、自分以外の人々と付き合いながら社会生活を営んでいます。 中には「わずらわしい人間関係に翻弄されるよりも、…

詳細を見る

最近のコメント